PRP(多血小板血漿)療法について

はなおかIVFクリニック品川 不妊治療、体外受精クリニック 0357595112

初診予約はこちら

ネット診療予約

初診予約はこちら

ネット診療予約

PRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)療法

PRP(多血小板血漿)療法とは、患者様の血液から抽出した高濃度の血小板を子宮内に注入する方法です。PRPの成分には、血小板由来増殖因子、トランスフォーミング増殖因子β、血管内皮増殖因子、および上皮増殖因子などが含まれています。このような成分因子は、創傷治癒および組織の成長を促進することが期待されます。
不妊治療での効果は、子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善や妊娠維持が期待できます。例えば、子宮内膜が十分に厚くなるよう、ホルモン補充を行っていてもなかなか子宮内膜が厚くならない方は、PRP(多血小板血漿)注入を行うことで、子宮内膜が厚くなる可能性があります。
また、PRP多血小板血漿)は子宮内の血流を増加させることで、現在反復着床不全(RIF)の要因とされている子宮内膜炎を緩和することも示唆されています。
自己多血小板血漿(PRP)を用いた不妊治療は、第2種再生医療等に該当するため、厚生省への申請が必要となりますが、当院は、2020年12月に厚生省「再生医療委員会」より施設認定されました。
当院が使用しているPRPキットは、外因性添加物を含有していないため、完全自己血液由来のPRP治療が可能となるため、抗凝固剤による血小板の活性化抑制、アレルギー反応の軽減が期待できます。また、少量の採血量で十分な血小板成長因子を含む濃縮型PRPの作成が可能となり、新鮮なPRPを採血したその日に子宮内へ注入することができます。

【対象】

事前に必要な採血項目:感染症、血算、凝固(治療開始周期に採血します)

  1. ホルモン補充療法を行っても子宮内膜発育不全による難治性不妊の方

*新鮮胚移植周期ご希望の方は行うことができません。
*下記に該当する方は、治療対象外の可能性があります。医師にご相談下さい。
血色素(Hb):11g/dl以下
血小板(Plt)が150,000/mm³以下
悪性腫瘍治療中
血小板機能異常症
非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗凝固剤で治療中

【方法】

ホルモン補充移植周期の中で、月経10日目、12日目に2回PRPを注入します。
注入当日は、患者様の前腕から20ml採血を行い、遠心分離機にかけ血漿部分だけを抽出します。調整したPRPを子宮内に注入します。子宮内注入後は、ベッドで30分安静となります。その後、月経14~16日目あたりで、ホルモン値やエコーで内膜状況確認し、移植ができるかどうか判断していきます。

【注意事項】

  1. PRP注入後24時間は激しい運動は控えてください
  2. 自己血を使用しますのでアレルギー反応が起こる可能性は低いですが、万が一、発熱や腹痛などの症状がある場合は、当院へご連絡下さい
  3. 採取したPRPが凝固するなど子宮内注入に不適切と判断した場合は、再度採血を行うか投与を中止することがあります
  4. 予約は、お電話か受付でお願い致します。基本的に日程の変更などはできません

【費用】

1回目  ¥165,000(税込)
2回目  ¥55,000(税込)
*PRP注入後に出血や内膜が厚くならないなどで治療が中断になった場合でも返金はできません。ご了承下さい

参考文献
1. Harton et al. (2013) Diminished effect of maternal age on implantation after preimplantation genetic diagnosis with array comparative genomic hybridization. Fertil Steril.
2. Fragouli et al. (2015) The developmental potential of mosaic embryos. Fertil Steril.
3. Greco et al. (2015) Healthy Babies after Intrauterine Transfer of Mosaic Aneuploid Blastocysts. N Engl J Med.

凍結延長または廃棄のお手続き

融解胚移植成績 当院での体外受精の成績です

診療案内

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 ×

最終受付は19:00までとなります。

△・・・土曜は午前より引き続き診療17:00まで

日曜祝日の診察は、特殊外来となります。(休診のこともあり)

※当院では小さなお子様を連れてのご来院はご遠慮いただいております。

《感染防止にご協力お願いいたします》
当院の患者様の中には、抵抗力が弱っていて、病気などに感染しやすい妊婦さんなども受診されます。そのため、
・発熱、嘔吐、下痢などの症状や、インフルエンザ、ノロウイルスの方
・はしか、みずぼうそう、風疹、おたふく、りんご病などの伝染性疾患がある方
など、感染されている方はもちろん、疑いがある方もご遠慮いただいております。
直近で感染され、治癒後当院に受診希望のかたは、主治医より治癒証明を記入して頂いてからのご受診をお願い致します。

診療案内

子宝レシピ

連載コラム 教えてまさち先生!

youtube

大森の「はなおかレディースクリニック」での診察も可能です。

以下の方は 『はなおかレディースクリニック』(大森) で診察いたします。

  1. ブライダルチェック
  2. 未婚の方(妊娠可能な体か検査希望の方)
  3. お子様連れでの診察をご希望の場合

※ただし、採卵、移植前後は大崎での診察が必須になります。

はなおかレディースクリニック

スタッフ募集 お電話またはメールでご連絡ください

はなおかIVFクリニック品川ブログ

すすぬ、まさちさん。のブログ