PRP(多血小板血漿)療法について

はなおかIVFクリニック品川 不妊治療、体外受精クリニック 0357595112

初診予約はこちら

ネット診療予約

初診予約はこちら

ネット診療予約

医療法人雙葉会はなおかIVFクリニック品川は
2021年8月2日に厚生労働省「再生医療等委員会」より
施設認可されたPRP療法の認定医療機関です。

早発卵巣不全(POI)、早発閉経、卵巣機能低下症の方へ

早発卵巣不全(POI:Premature Ovarian insufficiency)とは、40歳未満の早い時期に4か月以上の無月経、高FSH、高LH、低エストロゲン値を呈する状態を指します。

POIの患者様は、体内でホルモンを分泌する能力が衰えており、排卵が行われていない状態です。 また卵巣内に残っている卵子がたいへん少なくなっているため、一般的には妊娠することがたいへん難しい状態といわれています。

早発卵巣不全(POI)は30歳未満の0.1%、40歳未満の1%程度に見られます。
ただしこのような状態であっても、妊娠・出産のチャンスはあります。
卵子が回収できた場合は、年齢相当の結果が期待できるとされています。

当院では通常、卵子の数が少ない方は、無理に強い刺激を行わず、クロミフェン(少量クロミフェン、隔日投与なども考慮)、レトロゾール(フェマーラ🄬)などの内服薬を中心にゆっくりと刺激して、採卵のチャンスを待ちます。
また周期中は持続的にモニタリングを行い、限られたチャンスを逃さないようにします。
また、卵子が少ないだけでなく、卵巣機能が著しく低下している方に対して治療の選択肢の一つとして、自己多血小板血漿(PRP)による再生医療をご用意しております。

PRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)療法

PRP(多血小板血漿)療法とは、
患者様の血液から抽出した高濃度の血小板(platelet-rich plasma:PRP)を子宮内に注入する方法です。

血症板に含まれる成分因子により、組織の成長促進が期待できます。
当院でのPRP注入には以下の2種類(子宮内膜・卵巣)があります

①子宮内膜へのPRP療法

子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善や妊娠維持が期待できます。例えばホルモン補充を行っていてもなかなか子宮内膜が厚くならない方は、PRP(多血小板血漿)注入を行うことで、子宮内膜が厚くなる可能性があります。
また、PRP多血小板血漿は子宮内の血流を増加させることで、反復着床不全(RIF)の要因とされている子宮内膜炎を緩和することも示唆されています。

【方法】

ホルモン補充移植周期の中で、月経10日目、12日目RRPを注入します。
〜注入当日の流れ〜

その後月経14~16日目頃にホルモン値・エコーで内膜状況を確認し、移植に適しているか判断します。

【対象】

ホルモン補充療法を行っても子宮内膜発育不全による難治性不妊の方
事前に必要な採血項目:感染症、血算、凝固(治療開始周期に採血します)
*新鮮胚移植周期ご希望の方は行うことができません。
*下記に該当する方は、治療対象外の可能性があります。医師にご相談下さい。
血色素(Hb):11g/dl以下
血小板(Plt)が150,000/mm³以下
悪性腫瘍治療中
血小板機能異常症
非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗凝固剤で治療中

【費用】

1回目  ¥165,000(税込)
2回目  ¥55,000(税込)

*PRP注入後に出血や内膜が厚くならず等で治療が中断になった場合でもご返金はできません。

参考文献
1. Harton et al. (2013) Diminished effect of maternal age on implantation after preimplantation genetic diagnosis with array comparative genomic hybridization. Fertil Steril.
2. Fragouli et al. (2015) The developmental potential of mosaic embryos. Fertil Steril.
3. Greco et al. (2015) Healthy Babies after Intrauterine Transfer of Mosaic Aneuploid Blastocysts. N Engl J Med.

②卵巣へのPRP療法

卵巣に直接PRP注入を行うことで、卵胞周囲の血管新生が促進されることにより、卵巣機能が改善されることが期待できます。
それにより、採卵数の増加や、卵子の質の向上が可能になると考えられています。

【方法】

月経終了から月経10日目の間に1回目のPRPを卵巣内に注入します。
ご希望により、2回目、3回目の投与を行うこともできます。
〜注入当日の流れ〜

【対象】

卵巣機能不全と診断された方
事前に必要な採血項目:感染症、血算、凝固(治療開始周期に採血します)
医師により卵巣機能低下および卵巣機能不全と診断された方
*下記に該当する方は、治療対象外の可能性があります。医師にご相談下さい。
血色素(Hb):11g/dl以下
血小板(Plt)が150,000/mm³以下
悪性腫瘍治療中
血小板機能異常症
非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗凝固剤で治療中

【費用】

片方1回    ¥275,000(税込)
両方1回ずつ  ¥550,000(税込)

*PRP注入後に治療が中断になった場合でも返金はできません。ご了承下さい

参考文献
1. Chang Y et al.(2015)Autologous platelet-rich plasma promotes endometrial growth and improves pregnancy outcome during in vitro fertilization
2. Kusumi M,Ihana T,Kurosawa T,Ohashi Y,Tshtsumi O.(2020) Intrauterine administration of platelet-rich plasma improves embryo implantation by increasing the endometrial thickness in women with repeated implantation failure: A single-arm self-controlled trial
3. 渡辺雄一、富岡みゆき、菅谷文人ら(2013)多血小板血漿が血管内皮細胞および線維芽細胞に及ぼす影響 聖マリアンナ医科大学雑誌、Vol140,pp101-107

③その他の対策

ホルモン補充療法

主に女性ホルモンであるエストロゲンを補うことで、卵巣が正常に機能できる環境を整えることが目的です。
エストロゲンは経口的、または経皮的に補い、卵巣の調子が整ったと判断されれば、誘発剤の投与を開始します。時に多めの注射を用いることがあります。

栄養・サプリメント

ビタミンD・DHEAの効果が期待されます。
これはいずれも、卵巣機能をサポートする効果が報告されており、積極的に用いる価値があります。
またビタミンDには免疫を賦活化し、感染症を防ぐ効果や、アレルギーに対しての効果、骨や筋肉を強くする効果なども報告されています。
DHEAはマザーホルモンと言われる存在であり、近年はメンタルヘルスの面でも注目されています。

凍結延長または廃棄のお手続き

融解胚移植成績 当院での体外受精の成績です

診療案内

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 ×

最終受付は19:00までとなります。

日曜祝日の診察は、特殊外来となります。(休診のこともあり)

※当院では小さなお子様を連れてのご来院はご遠慮いただいております。

《感染防止にご協力お願いいたします》
当院の患者様の中には、抵抗力が弱っていて、病気などに感染しやすい妊婦さんなども受診されます。そのため、
・発熱、嘔吐、下痢などの症状や、インフルエンザ、ノロウイルスの方
・はしか、みずぼうそう、風疹、おたふく、りんご病などの伝染性疾患がある方
など、感染されている方はもちろん、疑いがある方もご遠慮いただいております。
直近で感染され、治癒後当院に受診希望のかたは、主治医より治癒証明を記入して頂いてからのご受診をお願い致します。

『現在も日本では水際対策として、海外から日本へ来られた方は、自宅等において14日間の待機を要請されております。必ず自宅等の隔離14日間を行った後に当院のご予約をお願い致します。また、PCR結果もご持参ください。』

診療案内

子宝レシピ

連載コラム 教えてまさち先生!

youtube

大森の「はなおかレディースクリニック」での診察も可能です。

以下の方は 『はなおかレディースクリニック』(大森) で診察いたします。

  1. ブライダルチェック
  2. 未婚の方(妊娠可能な体か検査希望の方)
  3. お子様連れでの診察をご希望の場合

※ただし、採卵、移植前後は大崎での診察が必須になります。

当院ご卒業の方・ご通院経験の方のサポート

当院でおかかりの方は今後も『はなおかレディースクリニック』(大森)にて変わらずご対応させて頂きます。
がん検診や月経のご相談、または年齢にともなうからだの変化に関してのことなど、どうかご遠慮なくご相談ください。

はなおかレディースクリニック

スタッフ募集 お電話またはメールでご連絡ください

はなおかIVFクリニック品川ブログ

すすぬ、まさちさん。のブログ