頸管因子

頸管因子

頸管因子は頸管粘液不全と抗精子抗体(精子免疫異常)があります。頸管とは子宮の入り口で、膣と子宮腔をつなぐ部分のことをいいます。通常、膣内は細菌の進入を防ぐために酸性に保たれていますが、排卵期にはアルカリ性で卵白のようなぷるんとした、粘り気のある頸管粘液(おりもの)が分泌され、精子の運動を促し、通りやすくしてくれます。

・頸管粘液不全

頸管粘液によって精子が子宮内に入りやすくなるのですが、この頸管粘液の分泌が不十分だと精子の侵入が十分ではなく、妊娠しにくくなってしまいます。この状態が頸管粘液不全です。クロミッドを長期間服用した場合や子宮頸管に炎症がある人に多い症状です。また子宮頸部円錐切除術を受けた方(初期の子宮頸がんやその前がん病変のために)にもこの状態は起こり得ます。

・抗精子抗体

体が精子を異物だと判断し、抗体をつくってしまうことをいいます。頸管粘液や精子の状態に問題がないのになかなか妊娠しない場合など、フーナーテストを行ないます。フーナーテストとは、排卵日前の頸管粘液が出ているときに性行為を行ない、数時間程度で頸管粘液を採り、精子の状態を観察する検査です。フーナーテストの結果、ほとんどが不動精子、もしくは不動精子のみであった場合には抗精子抗体検査を考慮します。抗精子抗体陽性の場合は、人工授精もしくは体外受精が必要になることがあります。一方、抗精子抗体の検査はそれほど感度・特異度の高い検査とは言えないとする考えもあります。

凍結延長または廃棄のお手続き

融解胚移植成績 当院での体外受精の成績です

診療案内

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 ×

最終受付は19:00までとなります。

日曜祝日の診察は、特殊外来となります。(休診のこともあり)

※当院では小さなお子様を連れてのご来院はご遠慮いただいております。

《感染防止にご協力お願いいたします》
当院の患者様の中には、抵抗力が弱っていて、病気などに感染しやすい妊婦さんなども受診されます。そのため、
・発熱、嘔吐、下痢などの症状や、インフルエンザ、ノロウイルスの方
・はしか、みずぼうそう、風疹、おたふく、りんご病などの伝染性疾患がある方
など、感染されている方はもちろん、疑いがある方もご遠慮いただいております。
直近で感染され、治癒後当院に受診希望のかたは、主治医より治癒証明を記入して頂いてからのご受診をお願い致します。

『現在も日本では水際対策として、海外から日本へ来られた方は、自宅等において14日間の待機を要請されております。必ず自宅等の隔離14日間を行った後に当院のご予約をお願い致します。また、PCR結果もご持参ください。』

診療案内

子宝レシピ

連載コラム 教えてまさち先生!

youtube

大森の「はなおかレディースクリニック」での診察も可能です。

以下の方は 『はなおかレディースクリニック』(大森) で診察いたします。

  1. ブライダルチェック
  2. 未婚の方(妊娠可能な体か検査希望の方)
  3. お子様連れでの診察をご希望の場合

※ただし、採卵、移植前後は大崎での診察が必須になります。

当院ご卒業の方・ご通院経験の方のサポート

当院でおかかりの方は今後も『はなおかレディースクリニック』(大森)にて変わらずご対応させて頂きます。
がん検診や月経のご相談、または年齢にともなうからだの変化に関してのことなど、どうかご遠慮なくご相談ください。

はなおかレディースクリニック

スタッフ募集 お電話またはメールでご連絡ください

はなおかIVFクリニック品川徒然日記